公開質疑応答コーナーVol.2

2006/04/18 by material-crew

今回も先週に引き続き「公開質疑応答コーナー」です!
本当にたくさんのご質問をいただきまして感謝です!
ありがとうございます。

ここで全部ご紹介できないのがとても残念ですが、
ご質問いただいた方には遅くなっても必ず返信しますので、
どしどしご質問してください(^_^)v

ただ、あくまでも私の独自の判断!?
によるものですので実際に試合で使ったら
「全然違うじゃん!」
って言われても責任とれませんのであしからず(^^ゞ

でも効果があった時は是非ぜひ教えてくださいね!

*————————————*
 【公開質疑応答コーナー】 
*————————————*
さて今回はどんな質問でしょうか(^_^)
それでは見てみましょう!
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆Q1◆
ハイクリアーが苦手なんです。
特にドリブンクリアーが飛んでくるとあおられるようになってしまって、
甘いクリアーの返球になってしまいます(;_;)。
ドリブンクリアーも奥までしっかり返せるようになりたいのですが。

◆A1◆
ドリブンクリアは飛んでくるスピードがハイクリアよりも速い為、
振り遅れてしまい、結果としてあおられてしまうのです。
これをあおられないでうまくハイクリアで返球するには、
ラケットをいち早く構え、コンパクトにスィングするよう意識すれば
かなり返球できます。

また、中級以上のプレーヤーの方は、
相手が打つその瞬間に打ち返す為のきっかけづくりとして
リアクションステップを行いタイミングを取っています。
リアクションステップとは相手が打つ瞬間に、
自分がその場で「ポンッ!」
と軽くジャンプをして動き出す“きっかけ作り”をすることです。

逆にこのリアクションステップをしていないプレーヤーは
相手のフェイントにひっかかったり、
速い球回しなどであおられてしまって
ミスショットや空振りなどをしてしまいます。

ちょっと分かりにくいのでバドミントン以外で例を上げてみます。
皆さんカルタってやったことありますよね?
あのカルタでいち早く取るコツは、
取る方の指先を床に
「ポン!ポン!ポン!・・・」
と軽く手を叩きながら待っているのです。
そのように待っているとかなり早く取ることができるんです。
逆に床にじーと手を着けて待っていると
遅くなってしまうんです。
今度、やってみてください。

バドミントンはとてもスピードが速いスポーツでして、
タイミングを取りながら動いていかないと、
なかなか思うように打てないと思います。
でも逆に言えばバドミントンは
「いかに相手のタイミングをはずすか」
というスポーツでもあります。
スマッシュのように速い球もあれば
ドロップやヘアピンのようにいきなり遅い球も
同じ環境のなかに同居しているのです。
どんなショットでも対応できるように素早く構え、
リアクションステップを行い
準備をすることが勝利へのポイントです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
つぎは使えると試合で便利!
ピンチからチャンス!?
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆Q2◆
バック奥に追いつけない球がくることってありますよね?
そういう場合は「クロスに逃げるように」、
と言われましたが(?_?)
う~ん、、どうやって打てばいいでしょうか?

◆A2◆
その場に立って
バックハンドでのクロスドロップの練習をしましょう!
この場合気をつけなくてはいけないのが、
追い込まれている状況を自ら作ることです。

要するに上で取るのではなく、「落として」下で打つのです。
まず、体は背中をネットの方に完全に向けます。
これが中途半端だとクロスには打てないんです。

そして打点の高さは目線から腰付近で、
後ろに追い込まれている状況で構えそして打ちます。
最初は難しいのですが、
何度も練習している内にどこらへんで打ったら
コントロールしやすいかが分かってくると思います。

うまくクロスに打てない人は
ウエスタングリップ(フライパン持ち)で打ってみてください。
ウエスタングリップにするとは
意外とクロスには打ちやすくなるんです。
そして打つというより面をしっかり作って
グリップを手前に引くような感じです。

慣れてきたらセンターライン付近からバックサイドに
動きながら打つ練習をしましょう!
これが使えれば追い込まれても一気に形勢逆転です!(^o^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
次の質問です。
この質問は女性の方からよく聞きますね。
誰もが悩むものです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
◆Q3◆
スマッシュのレシーブが高く上げられません。
どうせ上がらないなら沈めるように返球したいのですが、
中途半端に上がってしまって、
プッシュで決められたりしてしまいます。
試合でも狙われてしまいます。
どうしたらレシーブができるようになりますか?

◆A3◆
結論から言って、
高く上げられないのでどうしよう、という考え方ではなく、
「次を打たせない為、自分たちが攻撃にまわる為にスマッシュをかわす」
または「切り返す」
という発想に変えましょう!

「もっと自分の方に打ってこい!」「切り返してやる!」
ぐらいの方がいいレシーブができます。
レシーブは受身になっていると意外とできないんです。

確かに多くの方がレシーブで苦労されているみたいですね(^^ゞ
レシーブが苦手という理由はふたつほどあります。
一つ目は高く奥まで上げようとして力んでしまい
結果としてミスショットになってしまうというケース。

二つ目は相手のスマッシュのパワーに押されてしまって
甘い返球になってしまうというケースです。

今回のご質問は後者の打ち負けてしまうという方のようです。
女性は男性のようにパワーでは返せない事が多々あります。
ですからそのパワーを補う為には柔軟な体を使って
全身の力で返球しなくてはなりません。
まずはスマッシュのスピードに慣れましょう!
半面でやるスマッシュの交互なんかがいいと思います。
ロビング→スマッシュ→ヘアピン→ロビング・・・

レシーブが苦手だという人は構えが出来てない方が多いですね。
ラケットヘッドを上げてグリップを短めに軽く握り
手首を立てておきます。

この時、注意するのは猫手は絶対にダメです!!
そして利き手で無い方の手も前に出し重心はやや前で、
足は肩幅程度で平行に開き、リラックスして構えます。
これが構えの基本です。
そして飛んでくるシャトルに対して向かっていくような感じで
足を動かします。

打点は腕が伸びきらない程度で、前で取ります。
腕が完全に延び切ってしまうとコントロールがつかなくなり
甘い返球になってしまうのです。
後は反復練習あるのみです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
次回も引き続き「公開質疑応答コーナー」を予定しています!
何でもご意見、ご質問をお待ちしています。
info@material-crew.com
それでは次回もお楽しみに!

*————————————*
【ぷちコラム】
中国ってほんと広い・・・ 
*————————————*

実は近々また中国の工場に行ってくる予定なのですが、
今度の工場はとても遠いんです。
なんと空港から工場までの時間が
飛行機に乗ってるいる時間(3時間)の3倍の9時間ぐらいなんです(-_-;)
それも午後9時ごろ中国の空港に着いて、
そこから車で移動、朝方に工場に着くという過酷な移動なんですよ。
考えるだけでもイヤになってしまいますね。

でも現地の人からしてみれば大した距離ではないそうです。
ほんと、中国は広い!広すぎる!
今回の出張を小梅 太夫(コウメ ダユウ)風に表現すると
チャンチャカチャンチャン♪ チャチャンコチャンチャン♪
チャンチャカチャンチャン♪ チャチャンコチャンチャン♪
中華りょうーりを楽しみにしてたけど~♪
ほとんど移動じーかーん~♪
チクショーーーーーーーーーーーーーーぅ(>_<) 今回は出張の大半が移動時間となってしまいそうです(T_T)

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ